リサイクルの話

豊富で廉価な天然資源を使ってマスプロダクション(大量消費)の先端を走って来たアメリカ合衆国。いらない物は、どんどん捨てて、次々と新しいものを作り、消費する。そんなアメリカ文化に厳しいしっぺ返しが起きている。資源は有限であり、使った物は出来るだけリサイクルを、という意識が定着し始めている。

フェニックス市でもリサイクルの説明会やパンフレットの配布などを通して、市民にリサイクルの必要性を訴え始めた。