アリゾナの水

砂漠のアリゾナ。毎日のように晴天が続き、年間日照日は300日を越えるこの地。サボテンのように水を体に蓄えて生きることができない私たちには、水の確保が死活問題となる。人間が増えれば、それだけ水の需要が増加するのは当然のことだ。アリゾナは、はたしてこの需要に応えるだけの水を供給できるだろうか。

今月は、アリゾナの水について考えてみよう。