赤い山の町、セドナの魅惑(4)

カール・シュネブリーとその妻セドナがアリゾナに着いたのは1901年。

今月は、ゼロから出発し、セドナの新時代を切り開いたこの夫妻に焦点を当ててみよう。

 
 
 
   
 

関連記事

赤い山の町、セドナの魅惑(1)
赤い山の町、セドナの魅惑(2)
赤い山の町、セドナの魅惑(3)
赤い山の町、セドナの魅惑(5)
赤い山の町、セドナの魅惑(6)