幻のリゾート、キャッスル・ホット・スプリングス

砂漠の真ん中に沸き上がる温泉。そこにできたリゾート。まさに荒涼の大地に生まれたオアシスだった。しかし歴史の流れで忘却の彼方に追いやられたこのオアシス。
今はひっそりと山間に隠れているようだ。今月は、この幻のリゾート、キャッスル・ホット・スプリングスを訪ねてみよう。

 
 
温泉の発見

1865年、米陸軍大佐、チャールス・クレイグ率いる軍勢は、アメリカ・インディアンとの戦いに明け暮れていた。敵を追いやって、ある場所で休息に立ち寄った。現在のサルベーション・ピークと呼ばれる山の裾野だ。周辺の岩山が城のように見え、青空に切り立っている。この岩山の底にキャンプを張った彼らは、ここをキャッスル・クリークと呼んだ。つまり、城の小川という意味。水がどこからか沸き出して流れている。この地下水は温泉だった。かくして、彼らは、「キャスル・ホット・スプリングス」と命名した。

 
リゾートの誕生

1896年にここにリゾートが出来始め、1900年から1905年の間に次々と建物が完成していった。そして、1920年代から1930年代の間に、数多くの有名人がこの地を訪れている。たとえば、リグレー家、ロックフェラー家、カーネギー家などが自分達のバンガローを建設した。また、この時期には、アリゾナで初めての電話線がこのリゾートに引かれている。何と、その電話番号は、たった一桁の1番だった。
また、時の大統領もこの地を訪れている。セオドア・ルーズベルト、ワレン・ハーディング、ウードロー・ウィルソン、ハーバート・フーバーなどが静養を目的にやって来た。第二次世界大戦の時期には、このリゾートが戦争で傷を受けた兵士の治療、リハビリ施設として使われいた。実は、若きジョンF.ケネディーも戦争で受けた傷をこの地で癒し、3カ月滞在したという記録が残っている。
こうした軍との関係から、サルベーション・ピークの頂上には星条旗が常時翻っている。現在は、ボーイ・スカウトがこの旗を管理している。