砂漠の自然美を後世に遺したボイス・トンプソン

Boyce Thompson Arboretum

春が到来し、急速に夏が近づいてくるアリゾナだが、木々がカラフルに化粧して、昆虫や鳥達が活発に飛び交う季節となった。アリゾナのやや東部にあるボイス・トンプソン樹木林も自然を愛する訪問客でにぎわいっている。

今月は、この樹木林をゆっくり歩きながら、創立者のボイス・トンプソンの人生を見てみよう。

   
行き方
フェニックスから

USハイウェイイ60号でアパッチジャンクションを越え、まっすぐ東に向かう。トント国定森林(Tonto National Forest)に入るとその看板が見える。しばらく運転して行くとBoyce Tompson Arboretumの入り口が近いことを知らせる標識が見える。60号の南側に入り口ゲートがあり、入園駐車料金を払って、駐車する。

 
ツーソンから

オラクル・ロードから79号線に入り、北上する。フローレンスの町を越え、まっすぐ行くとUSハイウェイイ60号に入るようになる。それを東に走ると、まもなくトント国定森林(Tonto National Forest)の看板が見える。しばらく運転して行くとBoyce Tompson Arboretumの入り口が近いことを知らせる標識が見える。60号の南側に入り口ゲートがあり、入園駐車料金を払って、駐車する。

 
 
ボイス・ウィリアム・トンプソン
(Boyce William Thompson)

ボイス・トンプソンは、1869年にモンタナ州のアルダー・ガルチという町で生まれた。彼が11才の時に一家は同州のビュートに引っ越した。当時はゴールラッシュでにぎわっていた時代だ。ビュートの町は金、銀、銅の発掘でブームに乗ってにぎやかな町だった。そんな環境からか、彼は、15才の時からギャンブルを始めた。大きなビアホールでギャンブルの興じる15才の男の子は、とくに当時としては珍しくなかったかもしれない。彼は、学校に通っていたが、勉強が大嫌いだったようだ。
その彼に転機が訪れた。17才になると、彼はフィリップス・エクセター・アカデミーという全寮制の私立高等学校に入ることになった。このアカデミーは今でもその秀でた教育機関として存在するが、ここで、彼は大きく大人に成長する。知識だけでなく、精神的な成長が著しかった。その後、彼は1889年にコロンビア大学に入学し、エンジニアリングを専攻した。
大学を卒業後、彼は、再びモンタナに戻って、鉱山のベンチャービジネスを始めようと試みた。1895年に結婚し。1899年にはニューヨークに移り、採鉱事業の株投資に挑んだが、うまくいかず、再びモンタナに戻って鉱山での事業の足下を固めた。
ビジネスへの執念を持った彼は、1904年、もう一度ニューヨークで投資事業に挑戦する。そしてついに投資に成功し、確実な利潤を獲得することができたのだ。こうして、1907年にはアリゾナのスペリオにある鉱山を買収して、実業家としてその基礎を造り上げていく。

 
トンプソンの政界入り

第一次世界大戦が始まったころ、経済界にいたトンプソンは、政界に入り始めた。それは、ニューヨークのウォール・ストリートの立場を強化したいという強い願望があったからだ。しかし、戦争によって彼の役目は、初期の思いであった経済の強化というより、国家的レベルの政治活動に入っていかざるを得なくなった。というのは、1917年にトンプソンは、当時の大統領、ウィルソンの命によって、ロシアに派遣されたのだ。米国赤十字の中佐としてロシアに行ったトンプソンの役目は、赤十字がロシアに充分な医療機器や薬品を供給する事によって、ドイツを打破するまでロシアが戦争から手を引くことがないようロシア政府と連携を密にしておくことにあった。

 
トンプソンとアリゾナ

戦争が終るとまもなく、彼はアメリカに帰国した。政治には、もうこりごりだと思っていた。彼は、共和党の会計責任者であり、彼が育った学校である、フィリップ・エクセター・アカデミーの理事を務めていて重責をいくつも背負って多忙であった。
そのころ、彼は、地球上の人口増加を考え、将来、食料の供給が追いついていかない時代が来ることを心配していた。これは、政治などでは解決出来ないと思った彼は、植物の研究にもっと重点を置いて、未来の食料確保を可能とする科学技術を作り上げる必要性を痛感した。そんな彼を惹き付けたのが、アリゾナであった。
こうして、彼は、アリゾナに新居を構えることにした。スペリオの町の近くに400エーカーもの土地を買収した。その広大な敷地の一部に「ボイス・トンプソン南西部樹木林」を作り上げ、アリゾナ大学のフランクリン・クライダー教授にそのプロジェクトを一任した。この樹木林の目的は、砂漠に生息する植物の研究とその結果を一般に公開することにあった。1924年には、ニューヨーク州のヨンカーズにボイス・トンプソン植物研究所も設置している。

 
トンプソンの最期

ところが、1925年に彼は心臓発作に襲われてしまう。彼の左腕と左足は麻痺して動かない。老後をゆっくり家ですごし、庭の木々を眺めて楽しもうと思っていた彼だった。だが、運命の嵐は容赦なく彼を襲い続けた。その上、1929年にあの大恐慌が全世界の経済を揺さぶった。彼は、この大恐慌は大きな惨事の前触れだと信じた。そして、今まで蓄えていた株を全て売却し現金にしてしまったのだ。そして、翌年の1930年、彼は肺炎を煩い、そのままこの世を去ってしまった。

 
その後の樹木林

その後、ボイス・トンプソン樹木林は独立した研究団体として運営されていたが、1960年にアリゾナ大学とパートナーシップをとり、1976年にはアリゾナ州の公園局が参入して、州政府のバックアップのもとに、自然保護、植物研究の機関としてまた、市民に開放した公園として、広く社会に貢献してきている。

小コンサートも行われる

 

 

Boyce Tompson Arboretum
47615 U.S. Highways 60, Superior, AZ 85273
520-689-2723、http://ag.arizona.edu/bta

   
 

関連記事

砂漠の自然美を後世に遺したボイス・トンプソン(2)