夏休みに涼求めて、、、シーライフ水族館へ

アリゾナの夏休み。猛暑のアリゾナを避けて、州外に出る人は多い。また、学校も夏休み。子供達をどこに連れて行くか。思案に暮れる日々を送っている親も多いかもしれない。
今月は、テンピにある水族館を訪ねてみた。海から離れたアリゾナの子供達に海の生き物を見せようと、始まったこの水族館。夏休みの間は、子供連れの家族で大にぎわいだ。

 

マーリン・エンターテイメンツ(Merlin Entertainments)

 

レゴランドやマダム・タッソーなどで世界的にアトラクション産業を展開しているマーリン・エンターテイメンツ社。日本にも進出したこの企業は、マダム・タッソー東京を出現させ、2017年にはレゴランドのテーマパークを名古屋でオープンする予定だ。
マーリン・エンターテイメンツは、イギリスに本社を持ち、1998年にスタートした。その屋内アトラクションのひとつがシー・ライフだ。これは、子供達を対象にした水族館である。
 
アリゾナのシー・ライフ
マーリン・エンターテイメンツがアメリカで初めてシー・ライフをオープンした場所が、アリゾナだった。アリゾナで予想を上回る成功を遂げたため、さらに全米各地に事業を伸ばした。現在、アリゾナのテンピを含めて、米国内には6ヶ所のシー・ライフ水族館がある。
2010年、アリゾナ・ミルズのショッピングモール内に登場したシー・ライフ。ギフトショップを通って、入場すると、最初の水槽には、アリゾナに生息する魚たちが見えてくる。そして、そこを通過すると、海岸の生物、そして、徐々に深海に入っていくように設計されている。
館内には、5,000種類を超える魚介類が30ケースの大小の水槽に入っている。夏は、子供達で大盛況である。
 
 

Web: https://www.visitsealife.com/arizona
住所:5000 S. Arizona Mills Circle, Tempe, AZ
電話:877-526-3960
時間:10 am - 7:30 pm(月~土)
10 am - 6 pm (日)