海外で生活するということ

 みなさん、お元気ですか?今日こうして紙面を通して、オンラインで読んでいただけたご縁に感謝です。福岡からアリゾナに引っ越してきたのが、2009年12月14日。忘れもしないアメリカに討ち入りの日!不安と期待と幸せと悲しみと、いろんな感情が入り交ざったあの日の気持ちを、今でも覚えています。あれから、12年。あっという間でした。最初は家から出るのも怖くて、車に乗るのも怖くて、通っていたコミュニティーカレッジが車から見えてきたら、ストレスで胃が痛くなって胃薬をのんでいました。
 みなさんが渡米した理由はなんですか?結婚、留学、仕事、家族の仕事、さまざまな理由でこの異国の地に住んでいると思います。去年からの世界規模のパンデミック。本当に日本が遠い一年でした。今も尚落ち着かない状況。高齢の両親のこと、介護が必要な家族のこと、子どもの進学のこと、自分たちの生活のこと、いろんな不安要素を抱えてのコロナ禍。異国の地に住む日本人として、自分たちの健康と安全を願うと共に、日本の家族や国が元気でいてほしい、と強く願うのは、みなさん同じではないかと思います。

心と体の健康

  健康とは心と体の健康をいいます。そして、この二つはつながっています。心が元気でないと体の不調として現れたり、体に不調があると心がふさぎ込みやすくなったりもします。このコロナ禍で劇的にオンライン化が進み、リモート授業、リモートワークなどが進むと同時に、外に出られない、人と気楽に会えない、声をかけ合いづらいなどのミスコミュニケーションや、家族の生活スタイルの変化による問題も出ていると容易に想像がつきます。
 ましてや、言葉も文化も違うこのアメリカで外国人として生きていく私たち。昨今のアジアンヘイトの風潮も気持ちよくない現実ですね。差別はする側はもちろんですが、受ける側の気持ちによっても、受け止め方は変わってくると思います。できるだけ心や感情をニュートラルに保つ状態でいられるよう、日々心掛けたいですね。
 今回は、アリゾナ州公認サイコロジストとしてご活躍されているMaki Obana先生とBija Yoga Room主宰 ヨガセラピストのMasayo Kaneko先生に、お話をうかがいました。お二人はアリゾナで初めて出逢った友人同士という、お互いの存在があったからこそ、今の自分があると言われる素敵なご関係をお持ちです。どうやって海外生活を乗り越えてこられたのか、そして、この不安定なコロナ禍を、いかに乗り越えていくかをテーマにお話をしてみました。

コロナ禍で増える心の病気

 Maki先生によると、今は新規患者さんを受け付けられないほど、カウンセリングを必要としている方がこの一年で増えているそうです。心の風邪ともいわれる、うつ病をはじめ、メンタルの不調を訴える方が増えていると言われています。自分が、家族が、ましてや友人がそんな状態になっているとは気づいていない場合も多くあります。ある程度精神状態が不安定になってしまうと、友達と会うということさえも、億劫になってしまうこともあります。Maki先生に、心のチェックリストをいただきましたので、ぜひみなさん、自分の今の状態をチェックしてみてくださいね。決して他人事ではない、誰もが経験する可能性のあることです。

ストレス

 日本では当たり前にできていたことができなかったり、やろうとしても何百倍の勇気やエネルギーがいったり。私は、今でも電話一本でも緊張します。ある程度は話の意味が分かっても、自分の気持ちを自分の言葉で(英語で)伝わるように伝えるのは、時に大きな壁を感じます。そういった環境は、自己肯定感を低くすることも少なくありません。ストレスが一つの原因ともいわれる過敏性腸症候群(下痢や便秘を繰り返す)なども、実は海外在住者に多いといわれる病気のひとつです。

話すことの大切さ

 では、どうやってそういった海外生活での生活を充実させていくか。Maki先生、Masayo先生、そして私も同意見だったのは、「話すこと」。まずは友達と話すことで気持ちを整理できたりします。最近では、LINE、Zoom、Skype、、、いろんな手段で世界中の人と繋がることもできます。実際に会って話すことはもちろん、遠くても近くても、話すということは、私たちが思っている以上に大切なことだと思います。メッセージのやり取りでも、十分に元気をもらえることもあります。人と話すこと、会うことが逆にストレスに感じる方もいらっしゃいます。そういう場合は、ぜひ自分の心がワクワクすることを探してみましょう!「おいしいものを食べる」「ガーデニングを楽しむ」「ハイキングを楽しむ」「料理を楽しむ」「本を読む」「絵を描く」いろんな好きを見つけて、自分の心への栄養を大事にしたいものです。

身体を動かすことの効果

 Masayo先生によると、Yogaの世界では、不安が強い時は瞑想よりも体を動かすYogaをお勧めするそうです。まずはゆっくりと、そして慣れてきたら少し息があがるくらい体を動かしてみるといいそうです。運動をすることで分泌されるセロトニンは、不安や憂鬱な気分を軽くしてくれる効果があります。コロナ禍で運動不足になっている方もいらっしゃるかと思います。ぜひ、家でもできる簡単な運動から、ぜひ始めてみてくださいね。月に一回、Zoomで無料瞑想クラスを開催されているMasayo先生。瞑想の他にもYogaのクラスもオンラインでも受けることができますので、興味のある方はぜひお問合せくださいね。とてもおすすめです。(Masayo先生のHP:https://bijayogaroom.com/)。


香りのカウンセリング 

 先日、人生で初めて交通事故にあいました。幸い大した事故ではなかったのですが、心がざわつきました。赤信号で停車中(私は助手席)に後ろからぶつけられたのですが、それだけでも、運転するのが少し怖くなりました。バックミラーを今まで以上に確認するようになりました。アロマセラピストなのに普段はあまり精油を使わない私ですが、こんな時は精油の力を借りようと、心を落ち着かせるブレンドを作りました。一説には香りは0.2秒で脳に届き、不思議なくらい人の深層心理に働きかけます。その時の健康状態や心の状態によって、香りの心地よさや強さが変わります。アロマセラピーとは、実はこの人間の嗅覚反応を利用して心に働きかけるセラピーなのです。気持ちを落ち着かせたい時、楽しい気持ちになりたい時、植物の恵みの香りには不思議な力があります。もし香りのセラピーをご希望でしたら、アロマセラピーカウンセリングも日本語でできますので、ご利用くださいね。


一人じゃない 

 人は一人では生きていけません。いろんな形で支え合いながら生きています。ぜひ、こうしてアリゾナで出逢ったご縁として、助け合う形がより大きくなったらいいな、と思っています。海外生活で直面するいろんな疑問、不安、私で何かお手伝いできることがあれば、お手伝いさせていただきたいと思います。そして、私も助けが必要な時は、みなさんに支えていただきたいと思っています。日本語の親子クラスを始めた理由も、孤育てになりそうになった自分の経験からでした。子どもが育った今は、日本語のアフタースクールを細く続けています。人生いろいろある中で、「一人じゃないよ。わかるよ。」と言ってくれる友達や先輩が遠くに近くにいてくれることがどれだけ救われることか。身に染みる今日この頃です。

出会いの場 

 新しい環境で、新しい人間関係を作るのは、簡単ではないですよね。しかも大人になって、心を許して話せる人と出逢えることも、本当にご縁だと思います。私も長い間、こんなにもアリゾナに日本人がいるとは知らず、狭い世界で過ごしていた時期がありました。Maki先生とMasayo先生は、Mixiで偶然知り合われたそうです。今では、Facebook、インスタグラム、ブログ、YouTube、いろんなSNSのツールが充実しています。Facebookグループの「アリゾナ日本人会」では、いつもいろんな有用な情報をシェアしていただき、感謝しています。このオアシスでも、アリゾナのことを知るツールとしていつも利用させていただいています。ありがとうございます。
 最近では、3人のお友達がPodcast(Spotify)“サボテン妻の「ちょっと耳かして」”を始めました。Masayo先生も参加されています。うんうんと頷きながら、時に涙を流しながら、笑いながら、元気がもらえる内容になっています。ぜひ、みなさんのお耳、ちょっとだけ傾けてみてくださいね!インスタ、YouTubeもありますので、ぜひ「サボ妻」で検索してみてください。
 あと、ガーデニングが好きなみなさん!「アリゾナでガーデニングを楽しもう」というFacebookグループ、よかったらご参加くださいね!!アリゾナで育つ植物。本当にエネルギーがすばらしいです。ぜひ植物好きな方、繋がれたらうれしいです!
 他にも、日本語幼稚園をされている先生や流鏑馬を披露してくださる方、私も所属している茶道のグループなど、ご紹介したい方がたくさんいます。ぜひ気になる方は私までお問合せください。(Facebookアリゾナ日本人会の方で、シェアさせていただきます。)

 


 

尾中景子

福岡県出身。2002年、熊本大学薬学部卒業。九州大学病院に約7年間勤務。主に医療チームの一員として入院患者への服薬指導、学会への論文発表、学生の指導などを主な仕事とする。2009年、結婚を機にアリゾナに移住。2016年、自分の好きなことを始めよう、と元々興味のあったアロマセラピーの世界へ。ハワイ・カイルアの米国NAHA協会認定校 Ohana Healing Instituteにて、オンラインや現地での勉強を重ね、クリニカルアロマセラピスト・ハワイアンヒーリングハーブの資格を取得。現在、日本語で米認定アロマセラピーの資格が取れるスクールKokopelli Healing Arizona主宰。他に、にほんごであそぼ&つくろin Arizona~日本をつなぐ~主宰。
メール

HOME